ヘルニア・スポーツ障害・自律神経失調症なら医師とも連携する久我山ほがらか鍼灸院整骨院へ

メニエール病

  • HOME »
  • メニエール病

メニエール病とは

メニエール病は眩暈発作が反復し、発作時に耳鳴り、難聴を伴う疾患です。
原因は、内耳の特発性(原因不明)の内リンパ水腫といわれています。

メニエール病の特徴は

①激しい
②自発性
③突発性
④反復性のめまい
⑤聴覚書状が随伴消長
⑥低音難聴
⑦音に過敏

ですが、すべてを満たさずメニエール病とは診断できないが
、反復性のめまい発作が内耳由来と推定される一群があり
メニエール症候群と呼んでいる。(脳血管障害や脳腫瘍の初発症状が
メニエール症候群と診断されることもある)

病態

内耳の内リンパ水腫がみられるといわれているが病因はさまざまである。

病院での治療

急性期は安静。制吐薬や抗めまい薬を使用
また循環改善目的にビタミン剤が処方されることもあるようです。

当院では

基本は検査で脳神経と内耳に問題がないかを診ていきます。
多くの方は急性期が過ぎて症状が落ち着かない時に来院されています。

治療は自律神経調整を目的に治療し、また首や肩の筋肉の緊張を診て
必要なところに鍼灸をしていきます。
内耳の循環不全は交感神経が過緊張であるか副交感神経が過緊張であるかを
考えて生活習慣などについても詳しく聞いていきます。場合によっては
血液検査の結果で体の状態がわかるのでもしもお持ちの方は持ってきて
頂けると、あなたのからだをトータルで診ていくことが出来ますので
お持ちください。

椎間板ヘルニア・スポーツ障害・お子様連れ対応・予約優先 TEL 03-3334-7834 受付時間9:00-20:00[月~金]      9:00-17:00[土日祝]    日曜日は休診日があり

PAGETOP