院長プロフィール

はりきゅう・スポーツ整体
Blossom治療院へようこそ!

院長の後藤智大(ごとう ともひろ)です。

鍼灸の感動は忘れない

鍼灸師になった原点は、高校野球。
一度は高校に行くことに疑問を持った私が、高校に進学するきっかけになったのは高校野球があったから。その野球で腰痛を発症して、整形外科に行ったときに受けた鍼灸治療が私が鍼灸師になった原点です。

その後大学に進学した私は卒業後、製パン会社に就職。製パン技術を学びながらも仕事に疑問を持ち『鍼灸師」という職業にひかれていきました。そのため前職の影響で今でもパン屋を見つけると立ち寄ってしまいます(笑)

5年目の時に会社を退職し思い切って専門学校入学。
入学当時、初めて鍼灸治療をしてくれた先生を訪ねると40代という若さで白血病を発症していました。そして専門学校に進学した翌年に亡くなりました。その先生の思いを胸に、勉強に仕事に取り組んできました。

卒業後は大学病院での研修をしながら整形外科に勤務。整形外科の閉院をきっかけに都内の整骨院へ。そこで出会った患者さんの繋がりから整形外科でのオペ見学や神経内科診察見学などをさせてもらいそれを活かし経験を積んできました。

臨床に関わってきて、

「患者さんが薬を使わなくても良くなった」

「体の調子がいい!」

「痛くなくなった」

といったことを聞き、人任せにしないで健康を維持している患者さんと話すとわずかでも健康社会に貢献していると感じています。

千葉県市川市生まれ
さいたま市在住 O型 てんびん座
東京国際大学卒業
中・高校教員免許
調理師免許 パン製造技能士2級
早稲田医療専門学校(現人間総合科学大学東洋医療専門学校)卒業
鍼灸師

Both comments and pings are currently closed.