ヘルニア・スポーツ障害・自律神経失調症なら医師とも連携する久我山ほがらか鍼灸院整骨院へ

院長プロフィール

  • HOME »
  • 院長プロフィール

鍼灸・スポーツ整体 久我山ほがらか鍼灸整骨院へようこそ!

院長の後藤智大(ごとう ともひろ)です。

もともと中学卒業時に「大工になろうかな?」と考え高校進学を
しないことを考えていた私が、結局は高校に進学。その後、その時の
経験から医療系の大学を目指すも失敗。その後ふわふわとした気持ちで
大学に進学するも進路についての不安はぬぐえないまま卒業。
就職氷河期も東証一部上場会社を含む3社内定し、浮ついた気持ちで神戸屋に就職。
就職後もどこかに不安と悩みと不満を抱えながら懸命に働くも、医療に対する
気持ちがあり5年目で退職し・・・といった紆余曲折があり鍼灸師になりました。

鍼灸の感動は忘れない

鍼灸師になった原点は、高校野球。
一度は高校に行くことに疑問を持った私が、進学するきっかけになったのは
高校野球があったから。野球で腰痛を発症して、病院に行ったときに受けた
鍼灸治療が私が鍼灸師になった原点です。
当時、治療を受けた先生は40代という若さで白血病を発症し、
私が専門学校に進学した翌年に亡くなりました。その先生の
思いを胸に、恥じぬように取り組んできたと思っています。

スポーツに関わる仕事として

スポーツに関わる仕事は、当時、考えればいくらでもあったのに、何故か頭の中には
鍼灸師や理学療法士やスポーツトレーナーだけでした。

鍼灸・整体に出来ること

1.現在持っている症状が緩和する

2.体の調子が良くなる

3.気持ちが前向きになる

4.免疫力を上げる

5.パフォーマンスがあがる

6.未病治をし健康のサポートができる

7.スポーツする体のメンテナンスが出来る

 

臨床に関わってきて、

「患者さんが薬を使わなくても良くなった」

「体の調子がいい!」

といった自分でも健康に意識が向き、人任せにしない健康を

維持していることを見ていくことは健康社会に貢献していると感じます。

 

千葉県市川市生まれ 浦安市出身 中学生より埼玉へ
さいたま市在住 O型
てんびん座
東京国際大学 経済学部経済学科卒業
野球部出身(古場監督まだいませんでした)
(箱根駅伝もまだ出ていませんでいた)
高校公民 中学社会科教員免許取得
神戸屋(神戸屋レストラン配属)
調理師 パン製造技能士2級
早稲田医療専門学校(現人間総合科学大学東洋医療専門学校)

 

 

椎間板ヘルニア・スポーツ障害・お子様連れ対応・予約優先 TEL 03-3334-7834 受付時間9:00-20:00[月~金]      9:00-17:00[土日祝]    日曜日は休診日があり

PAGETOP