ヘルニア・スポーツ障害・自律神経失調症なら医師とも連携する久我山ほがらか鍼灸院整骨院へ

胸郭出口症候群

  • HOME »
  • 胸郭出口症候群

『胸隔出口症候群』

の症状でお悩みの方へ、当院の治療方針を書かせていただきますので

どうぞ参考になさってください。

こんな方は胸隔出口症候群かもしれません

 

胸郭出口症候群は主に

◉頸肋症候群

◉斜角筋症候群

◉肋鎖症候群

◉小胸筋症候群

のことをさします。

頸椎から腕にかけて神経・動脈・静脈が出ている

のですがこの4つの場所で圧迫や引っ掛かりが

生じ、手の痺れや放散痛、脱力感などの症状が出ると

考えられています。

胸郭出口症候群の原因は?

一般的になで肩の体型の人に怒りやすい傾向が

あります。女性のほうが多く両側性より片側性に

出ることが多いようです。

 

 

最近では、スマートフォンのやり過ぎによる猫背や

大胸筋を中心とした筋力トレーニングにより筋肉が

発達して症状を発症する人もいます。

 

 

また、遺伝的な要素として頸肋症候群では第七頸椎の

異常な肋骨の発達により何らかの原因要素により

症状が出てくる人がいます。

胸郭出口症候群の検査

 

主に徒手による理学検査テストで判断できます。

頸椎の検査についてはレントゲンですぐにわかります。

 

治療

 

整形外科では保存療法が主です。三角巾による保持や

ホットパックやマイクロ波の治療がおこなわれるようです。

 

■当院でできること

 

◉背骨のズレを整える

◉背骨周囲・首周囲の筋肉の柔軟性を出す

◉キレイな姿勢にする

 

 

 

根本治療を考え原因を特定し、ズレを治し、首周りの

筋肉の柔軟性を取り戻します。

 

 

必要な場合には姿勢改善の指導をしていきます。

 

■自宅で出来ること

 

胸郭出口症候群はセルフケアでも症状の改善が

狙えます。そんなあなたにやってほしいストレッチを

ご紹介します。

◉頸椎のストレッチ

◉大胸筋のストレッチ

その他

◉お風呂でゆっくり温める

 

是非やってみてくださいね。

椎間板ヘルニア・スポーツ障害・お子様連れ対応・予約優先 TEL 03-3334-7834 受付時間9:00-20:00[月~金]      9:00-17:00[土日祝]    日曜日は休診日があり

PAGETOP